結婚式場の席次の決め方

式場の席次

結婚式場でのゲストの席次を決める作業はルールを守りましょう。

何十人ものゲストを招待する披露宴では、みんなが座る場所は招待する側の新郎新婦 があらかじめ決めておくことになります。 来た順番に適当に座って下さい、早い者勝ちですよ、なんて結婚式はありません。 地位の高い人ほど上座の良い席に、身内の親類は下座に、といったルールや同じ テーブルには話の弾みそうな組み合わせの人員を配置するなど、よく考えて席次表 を作ることが結婚式場の雰囲気を盛り上げることに直結します。 「あの人の隣になりたくないな」と苦手意識を持っているゲストがいるならそこも 考慮してあげなければ、おめでたい席で和やかに歓談してもらうことができません。

続きを見る

大聖堂のある結婚式場
浜松で唯一の本物の教会「アビー・ラ・トゥール教会」で心に残る挙式。
上品な英国風ゲストハウスで開く、心温まるパーティーを。
静岡県浜松市中区中央1-8-3 TEL:053-413-1211
http://www.w-cp.com/

基本の配置

結婚式場の席次の基本(ベース)はくし型とちらし型になります。

席次表は式場によっても違いますが一般的にはちらし型とくし型がメインでしょう。 レストランやゲストハウスで披露宴を行う場合はそれ以外の形状、ど真ん中に 新郎新婦の席を設けるなど大胆なスタイルも提案されますが、ホテルや専門式場 だとこの2種類のどちらかを応用させた席次になります。 くし型は長テーブルを縦に並べるスタイルで、ゲストは向かい合うように座りますが 背面に新郎新婦がいてはお話になりませんのでテーブルの短い辺が新郎新婦の方を 向くようにセッティングされます。

続きを見る

席次表の肩書き

ゲストの名前もさることながら、肩書きも正確に記しましょう。

席次表の肩書きは新郎新婦との関係を明確に表現するもので、誰が見ても一目瞭然 なよう独創的な肩書きの使用は控えて、結婚式場にいる方が誤解しないよう 分かりやすく表記しなければなりません。 あまり説明っぽく長々としても良くないので、1行には10文字ほどで2行以内に 収まるようにまとめましょう。 あまり突飛な言葉は使わず、基本に忠実に一般的な文言を使用します。

続きを見る

友人や親族の肩書き

職場関係以外の方の結婚式場の席次表の肩書きはどうでしょう。

学生時代の友人や先輩・後輩の肩書きはも覚えておいて損はしません。 というか知らないと困ることになるので一気に解説していきましょう。 友人知人ひっくるめて、自分と同年代か年下なら友人、年上なら知人となります。 詳しくなければ親密さによって友人と知人を使い分けると思ってそうですが、 そんな区分をしたら他のゲストの方に「あの人は知人か。私は友人だから勝ったな」 と無意味な格付けがなされたり、知人の方が自分の席次表を見て「あれ、仲良しの つもりだったけど知り合い程度にしか思われていなかったのかな。今後の付き合いを 改めなくては。夜中に海へドライブしたり夜の校舎の窓ガラスを磨いて回ったり、 一緒に青春時代を謳歌してきた仲なのに残念だな」と思わせてしまうことになり、 ふたりの関係の悪化を招くかもしれません。

続きを見る

二次会ならスポーツバー・ドリームズ
http://www.sportsbar-dreams.com/
名古屋市中村区名駅4-24-24 TEL.052-583-5507
結婚式の二次会はもちろん、各種イベントにお使いいただけます。